価値がない、と思い込んでいませんか?

その絵画に高い価値があるかもしれません!

あなたは、所有している絵画の価値を知っていますか? 絵画は作家や年代、現存数、状態などによってその価値が決まります。価値を見極めるには、絵画の歴史や作家についての知識などを身につけていなければなりません。

「売ってもそんなにお金にならない気がする」「親が買った絵画。価値があるとは思えない」「キズやシミがあるし汚いから捨てよう」「鑑定書がないし、どうせ本物ではないだろう」

価値がない、と思い込んでいませんか?

もしこのように思っていても、専門家が鑑定し「実は著名作家が駆け出しの頃に描いた希少な絵画だった……」ということがわかれば、思わぬ査定額が付くこともあるのです。必ず高額で売れるというわけではありませんが、捨てようと思っている絵画、誰かにあげようと思っている掛け軸などは、実はお宝かもしれません。

北岡技芳堂では絵画買取りの無料相談を承っていますので、お気軽にご連絡ください。査定、鑑定に関するご相談、買取りに至るまでお客様が安心できるご対応を心がけます。

鑑定書を発行してもらいましょう!

鑑定人による鑑定の結果、価値が認められれば、鑑定書発行の手続きが行えます。「鑑定書」を持っていると将来売却するときに適正価格での交渉ができます。

PICKUP 鑑定とは

鑑定とはもともと、「作品の真贋(しんがん)」を明示することです。明治以降の有名作家に関しては「所定鑑定人・機関」に依頼し、有料にて鑑定が行われ、真作と認められれば鑑定書が発行されます。鑑定料に関しては鑑定人および鑑定機関によって異なりますが、5~6万円前後になります。
※鑑定人は、真贋の鑑定のみを行います。査定額は提示しません。

北岡技芳堂の地図はこちら

Page up